top of page
  • 執筆者の写真田上 智士

古座川はやはり・・・。和歌山県古座川での鮎釣り。

新ゴケのついた場所。

コケの色は左岸側が薄く、右岸側が少し濃い色をしている。


和歌山県古座川

左岸側の石を手で撫でると、コケでヌルヌルはしている。

ただ、この石の色では釣れないだろうと経験上わかってはいるのだが、とりあえずコケの色の薄い左岸側にオトリ鮎を入れる。


やはり反応がない。

釣れないだろうと頭の中で勝手に判断しているのでじっくりは攻めてはいないのだけど🤣


ほぼ中央に大きな石が数個沈んでいるポイントまでオトリ鮎を運んでいくと目印が吸い込まれた。


古座川美女鮎(みめあゆ)

古座川は解禁日の翌日に増水しコケが流され、エサを思うように食べられなかったはずなのによく肥えたいあ魚体。


大きな石が数個並ぶ筋だけが他の場所よりもコケの色が濃い。

古座川はやはりいくらコケがついていても、色が薄い場所ではなかなか掛かってきてくれない。


大石周りで数匹の鮎を獲り、右岸側へとオトリ鮎を入れていく。

が釣れない・・・


右岸側のヘチ、大石が並ぶ周辺のコケの色の濃い場所、そこの下流に向かってのコケの色の濃い筋では釣れる。 釣れると言っても大した釣果ではないのだが!

友釣りでの釣果

14時に川に入り、16時に上がる。釣果は11匹。

今のところ本流中流域の鮎は支流の佐本川、三尾川に比べ鮎のサイズは小さい。


【本日のタックル】

ロッド:SHIMOTSUKE MAJOR BLAD LIGHT VERSION 85BR

ライン:がまかつメタブリッド0.06号(中比重)

ハナカン:がまかつ満点ハナカン6号

ハナカンまわり:TORAYフロロ0.6号(38cm)

サカバリ:がまかつ競技皮打ちサカサ1号

ハリス:バリバスウルトラマジックハリス1.0号他

フック:がまかつ刻7号4本イカリ

0件のコメント

関連記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page