top of page
  • 執筆者の写真田上 智士

和歌山県古座川の支流で竿を出してみた。友釣り釣行!


古座川の支流

大雨の後にもかかわらず古座川の各支流の濁りは取れました。

ここの所、支流で好釣果が出ているので普段はあまり入らない支流へ。


竿1本半ほどコケが残る場所を見つけ川へおりる。

目の前にはアユがたくさん見える。


苦手な泳がせ釣り・・・ 掛バリを尾ビレから1.5㎝程だしオトリ鮎を放し、野鮎のいる場所まで泳がせる。

オトリ鮎の下を野鮎が通るのだがなかなか掛からない。


オトリ鮎を引き戻し、逆バリの位置を前にし、尾ビレから掛バリまでの長さを縮める。


やっと掛かった!


姿かたちの美しいアユ
アユ、古座川美女鮎(みめあゆ)

これぞ古座川の美女鮎(みめあゆ)というフォルムのきれいな鮎。


目の前で追っている鮎がたくさん見えるのでオトリ鮎がかわれば入れ掛かりかと思っていたが、そうはうまくいかない・・・ オトリ鮎を追っては来るがオトリ鮎が逃げてなかなか鉤に掛かってくれない。

オトリ鮎を止められるともっと掛かるのだろうがそんな技術はない( ´∀` )


それでも竿1本半ほどのポイントを立ち位置をほぼ変えることなくじっくりと泳がせているとポツポツと掛かり2時間30分弱で12匹。


掛かってくる鮎はすべて綺麗な鮎だった。


古座川の支流での釣果
鮎釣果

【本日のタックル・仕掛け】

ロッド:SHIMOTSUKE SHIRYU VERSION 75

ライン:サンラインハイテンションワイヤー0.08号

ハナカン:がまかつ満点ハナカン6号

ハナカンまわり:TORAYフロロ0.8号(40cm)

サカバリ:がまかつ競技皮打ちサカサ1号

ハリス:バリバスウルトラマジックハリス1.0号他

フック:頂6.5号3本イカリ

0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page