• 田上 智士

平水より約15cm高、濁りありでの友釣り!和歌山県古座川。

9月28日、体がだるい。お客様が落ち着いたところでまた布団に戻る!笑笑


14時前にやっと川へ。

まだ濁りが強く水位も高め。


いつも通りまずは瀬肩から。

川の中に入らず岸から絞り込み付近の石裏にオトリ鮎を馴染ませ2匹。


そこから徐々に対岸へ攻めていく。



瀬肩で10匹ほど釣りあげ、そのまま対岸に渡り上流へ向かう。



まだ水が高いので深トロはとばし、浅い瀬に!


目印が飛ぶ。

あー、嫌な音がする。

竿を絞り、音が止むのを待ち竿を立てるも掛かり鮎が切れる・・・


鉤を少し長めに出しオトリ鮎を送り出す。

すぐに反応が来たが、これも前と同じ感じ。

連続でバラす。


数匹捕れはしたが、バラシが多く数が増えない。

ここで元気なオトリ鮎を捕り、緩い瀬を上飛ばしでアユを拾って行く構想があっさり崩れてしまった。



瀬を釣り上がるが、下で計画が崩壊してしまったのを引きずってしまい思うように釣果を伸ばせない。


瀬肩まで釣り上がり、オトリ鮎を上流に向けて放す。


濁った水の中、横に閃光が走る。


駆け下がりのスジを泳がせるといい感じで掛かる。


いい感じでは掛かるのだが、この場所でも嫌な音がロッドから伝わり、バラす事が多かった。


別の瀬を少し撃ってみたが反応が悪く17時頃に終了。


約3時間30分ほど竿を出し、釣果は25匹でした。



【本日のタックル】

ロッド:SHIMOTSUKE MAJOR BLAD LIGHT VERSION 85BR

ライン:がまかつメタブリッド0.06号(中比重、6m)

ハナカン:がまかつ満点ハナカン6号

ハナカンまわり:TORAYフロロ0.6号(40cm)

サカバリ:がまかつ競技皮打ちサカサ1号

ハリス:バリバスウルトラマジックハリス1.0号他

フック:がまかつ刻7号、要6.5号4本イカリ

0件のコメント