top of page
  • 執筆者の写真田上 智士

調子良く釣れるも何かおかしい。和歌山県古座川友釣り釣行。

12時30分頃に入川。

このポイント年々変化がなくなってきてる。


それでも少しの川の変化を探して釣って行くも釣れない。何年か前のこの場所ならここで釣れないといけないはずなのに。


入川ポイントから瀬を20mほど下ったところでやっと1匹。


うーんo(-""-;)o))


瀬の半分をテンポ良く探ってみたものの反応が薄すぎる。釣果はこの時点で2匹・・・


この辺りから瀬の流れの勢いが変わる。

オトリ鮎をスライドさせながら広範囲を探る。

対岸のヘチの少し手前で目印が飛ぶ✨

少し下がり、同じように対岸に向けてオトリ鮎をスライドさせる。

今度もヘチの少し手前で目印が飛んだ!

ここからはその筋の周辺にオトリ鮎を送り込む。


が、反応があっても鮎が鉤にのるのに時間がかかる。

6号の掛けバリを6.5号に交換。


いい感じで掛かり出す😏


和歌山県古座川の鮎

瀬尻の落ち込みの地形を見るとここを鮎が上ってくるんだろうと想像できる。


瀬尻まで釣り下ったところで今度は反対向きになりヘチを釣り上がって行く。

今までよりペースは落ちるがそれでもポツポツとは釣れる。


ただ、瀬の流心を釣り上がるのはかなり疲れる。

岸に上がり釣り始めるが思うように釣れないまま瀬の半分まで上がってきた。


ここから釣れなくなり、一気に瀬肩まで釣り上がり、瀬肩の様子を見るが鮎が見えない。

それでも上へ泳がし探るが全く反応が出ない。

オトリ鮎が弱ってきたところで自分より下流の石裏を何ヶ所か攻めオトリ鮎をかえる。


新しいオトリ鮎をまた上飛ばし。

それでも釣れないので終了。

瀬肩は無駄な時間だった・・・


3時間30分弱竿を出し31匹。

上半分で20匹とれていたらここだけで50超えできるんだけど、などと考えながら帰宅する。


上半分も釣れないといけないんだけど、何か少しおかしい。


和歌山県古座川友釣り釣果

【本日のタックル】

ロッド:SHIMOTSUKE MAJOR BLAD MEISTER VERSION TG 90RB Vspec

ライン:がまかつメタブリッド0.06号(中比重)

ハナカン:がまかつ満点ハナカン6号

ハナカンまわり:TORAYフロロ0.8号(40cm)

サカバリ:がまかつ競技皮打ちサカサ1号

ハリス:バリバスウルトラマジックハリス1.0号他

フック:刻6号、6.5号4本イカリ

0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page