• 田上 智士

釣り荒れ気味。和歌山県古座川鮎の友釣り!

8月23日、平水より10cmちょい高。

水温もだいぶ下がり鮎の弱り方もマシになってきました。


11時30分入川。

上流の瀬に行くために瀬肩を渡ろうとすると、黄色い鮎が数匹見える。



少し川に入ったところで立ち止まりそこで竿を伸ばす。

オトリ鮎にハナカンを通し送り出す。

激しく追ってくるアユが数匹いるが、掛からない。

オトリ鮎を引き戻し逆さバリを確認するとすでに外れてる。

いつの間に・・・


逆さバリをかけなおしもう一度ゆっくりとオトリ鮎を送り出すとすぐに掛かった。



その瀬肩で10匹ほど釣り、瀬肩を渡り目的の瀬まで行くも釣れない・・・


最初に入川した場所まで戻り、やってない瀬を釣り下る。


瀬肩から瀬の開きまで下るが全く釣れない。



瀬の開きでやっと1匹小さな鮎が掛かった。


1号の錘をかまし釣り下った瀬を逆に釣り上がると、同じ場所を通しているのになぜかポツポツ掛かる。

ただ、サイズは瀬肩の鮎より一回り小さい。


瀬肩まで釣り上がり14時30分前に竿をたたむ。


釣果は3時間ほどで20匹でした。



【本日のタックル】

ロッド:SHIMOTSUKE MAJOR BLAD LIGHT VERSION 85BR

ライン:がまかつメタブリッド0.06号(中比重、6m)

ハナカン:がまかつ満点ハナカン6号

ハナカンまわり:TORAYフロロ0.6号(45cm)

サカバリ:がまかつ競技皮打ちサカサ1号

ハリス:バリバスウルトラマジックハリス1.0号

フック:がまかつ刻6.0号、7.0号4本イカリ

0件のコメント