top of page
  • 執筆者の写真田上 智士

今日も支流へ。和歌山県古座川、鮎情報。

雨にけむる古座川。 昨日の釣行で本流がいまいちだったので今日も支流へ。 オトリ屋をやっているので仕方がないのだが、入川するのはいつも11時過ぎになる。


古座川の支流

11時30分過ぎに入川。支流の残りゴケは連日たたかれてるのでいつも釣れるのかと思いながら入る。

ここはたたかれてないだろうと思うポイントへオトリ鮎を入れていくも反応がない・・・


ダメか!? ここは誰でもオトリ鮎を入れるだろうという場所で目印が飛ぶ! ん!? だがその後が続かないので一度オトリ鮎をしまう。

歩いて50mほど下りオトリ鮎をつけなおし再開。

手前の浅い場所にある石裏にオトリ鮎を入れるとすぐに掛かる。 その下にある石裏でもすぐに掛かる。 それ鮎を中央のトロ場に泳がせるとまたすぐに。ただ、これはバラシてしまう。

ここに来る前に話した地元の人の話では、昨日、ここには釣り人が入ってるはず。


あまりたたかれていることを意識せずに普通に釣っていけばいいのかな。


少し段差があり水がまいているちょっと広めの深いツボへオトリ鮎を入れて、流れに馴染ませるとゴン✨


引き抜くと飛んでくる鮎がでかい。


古座川美女鮎(みめあゆ)

22cm、解禁当初としては大きな鮎。

計測写真は鮎がまがてますが!笑笑


解禁当初にしては大きい鮎

連発する場所もあるが、残りゴケをピンポイントで狙う場所が多く数はなかなか伸びない。

最初に入った場所から300mほど下った辺り、雨も強くなってきたので14時前で竿をたたむ。


釣果は17匹。サイズのいいアユが多かった。


また今夜から明日にかけて大雨が予測される。 濁りの出ない程度の雨ならいいのだが、濁りが出る様なら本流は濁りの強い状態が長引くことになり鮎にストレスがかかり冷水病などが心配になってくる。


逆にここの所好釣果が多くでた支流は、釣り荒れた状況がリセットされるため竿を出せる水位になった時が狙いめ。


友釣りでの釣果

【本日のタックル・仕掛け】

ロッド:SHIMOTSUKE SHIRYU VERSION 75

ライン:がまかつメタブリッド0.06号(中比重)

ハナカン:がまかつ満点ハナカン6号

ハナカンまわり:TORAYフロロ0.6号(40cm)

サカバリ:がまかつ競技皮打ちサカサ1号

ハリス:バリバスウルトラマジックハリス1.0号他

フック:快6.5号4本イカリ



0件のコメント

Comments


bottom of page